<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

筆記具 PR

【レビュー】クロスのエッジがリニューアル!変更点やセレクチップ芯の使い心地は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、足軽こあら(@ashigaru_koala)です。

今回は、クロスのボールペン『エッジ』をレビューします。

足軽こあら

書き味が本当にいいボールペンです。

エッジの特徴は、一般的なボールペンとは一味違う見た目とギミック、替芯のバリエーションが豊富で飽きのこない使用感を得られること。

特に、使わないときは短く収納でき、持ち歩きにも便利です。

それでは、いってみましょう。

足軽こあら

  • ・アラフォー
  • ・雑記ブログ運営(ブログ歴は2年半)
  • ・職業訓練でWebマーケティングを学ぶ
  • ・文房具大好き
  • ・X(旧Twitter)毎日更新中♪

製品情報

長さ約126.2mm(収納時)/約143.4mm(筆記時) 
最大胴軸径14.8mm
重さ約30.1g

クロスの製品には保証書がついていません。

機構永久保証といって、製品自体が保証書の代わりになっています。

これはユーザーにとってとても大きな安心感がありますね。

リニューアル

2018年に廃番になりましたが、2022年にリニューアルしましたね。

ただ、クロスのカタログを見ても記載がありません。(2024年2月時点)

リニューアル後は、金属パーツが銀色から黒に変更になりました。

旧モデル
新モデル

黒の質感がよりマットな感じになりましたね。

持ってみると旧モデルと比べて若干軽くなった感じがします。

伸ばすときに少し固く滑りが悪くなった気もします。(新しいからかもしれないです)

特徴的なギミック

エッジは芯の繰り出し方式に特徴があります。

足軽こあら

それは、スライド式のボールペンということ。

ボールペンで一般的なのは、ノック式や回転式。

エッジは伸ばすと芯が出て、

縮めると芯を収納できます。

携帯時は小さくなり、持ち歩きに便利です。

ノック式と違ってペン先を出すときにカチカチ音が出ないので、会議や講演など音がきになる場所で使うのもアリですね。

使用感

少し太め感のある軸でそこそこの重さがあり、安定して書きやすいです。

大きさと重さの割に長時間書き続けても疲れず、オフィスワークでの使用にも向いてます。

替芯が3種類から選べて書き味を変えられる(セレクチップの由来です)ので、飽きが来ないのがいいところ。

足軽は2種類しか使ったことがありませんが、特徴をまとめました。

セレクチップ芯の書き味

エッジの最大の特徴が、替え芯を3種類(水性、油性、ポーラス)から選べるセレクチップです。

これから記載するのは、どちらも黒の芯の特徴と実際の使用感です。

エッジに初期装填されているのは水性です。

※筆記距離のデータはボールペンManiaxさんからお借りしました。

水性(ローラーボール)

  • 筆記距離 1120m
  • 滑らかでサラサラの書き味
  • 書き味はサラサに似ている
  • 筆圧なしで書ける
  • インクの色は万年筆の純正黒インクとほぼ同じ
  • 再生紙や薄手のコピー用紙に書くと裏写りしやすい
  • 乾いても紙質次第で、インクが手に着く
  • 普通に使うと3ヶ月くらいしかインクが持たない
  • 少しコスパが悪い

油性

  • 筆記距離 7010m
  • ヌルヌルとした油性ボールペンらしい書き味
  • 色は少し薄め
  • 気温や湿度で書き味が変わる
  • 書き始めは少し掠れる
  • インクが出始めると途切れずずっと書ける
  • インクの持ちがいい

まとめ:こんな人にオススメ

エッジをオススメするのはこんな人たちです。

  1. 営業職の人
  2. 文房具でもオシャレをしたい人
  3. 高級ボールペンを使ってみたい人

高級ボールペンの中では比較的安価な価格設定になっているので、見つけたら是非試しが気してみてください。

替芯は書き心地を重視する人はローラーボールがおすすめ。

ボールペンよりも軽い感触で手が疲れにくいです。

イメージよりも滑らかな書き味がクセになりますよ。

ありがとうございました。