<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

筆記具 PR

【レビュー】パイロットの万年筆『LIGHTIVE(ライティブ)』の使用感

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、足軽こあら(@ashigaru_koala)です。

今回は、2021年12月に発売されたパイロットのライティブの使用感をレビューします。

仕事の帰りに、ボールペンインクを買いに本屋さんに立ち寄ったときのこと。

ふと見ると、もう売ってました。

パイロット『ライティブ』です。

地方都市に住んでいるので、店頭で見かけるのは、まだまだ先の話だと思っていたんですが・・・

見つけたからには買うしかない!

今回はレビュー記事も書きたいしもともと透明軸が好きなこともあって、迷わずノンカラー(透明)を選択。

見た目がいいだけじゃない!透明軸万年筆のいいところ 3選 こんにちは、足軽こあらです。 万年筆を選ぶとき、どんな色にするか迷いませんか? 足軽 透明軸の万年筆は、一本あるといいです...

数日間、使ってみてこのレビューを書きました。

こんな人に読んでほしい
  • 万年筆に興味がある人
  • ライティブがどんな万年筆なのか興味がある人
  • ライティブを買うか迷っている人

製品情報

サイズ最大径13.5mm  全長142mm
ペン先特殊合金
太さF(細字)・M(中字)
軸・キャップ樹脂製 嵌合式
軸色(6色)アクティブイエロー
アクティブレッド
アクティブネイビー
アクティブホワイト
マットブラック
ノンカラー(透明)

事前情報として気になったこと

購入前にパイロットの公式ページを見ていて、気になったことが3つ

  • メインターゲットが30〜40代
  • 新仕様のインナーキャップを採用
  • 大容量コンバーターのCONー70が使える

メインターゲットが30~40代

ライティブのメインターゲットは、30~40代のビジネスパーソンとのこと。

アラフォーに突入した僕は、ターゲットにどストライクです。

スペックとか値段の設定を考えると、ちょうど良いと思います。

でもね、男性が仕事で使うってことを考えたら、軸の色がビビットすぎる・・・

おカタイ仕事をしている人だと、選べるのはマットブラックか、アクティブネイビーかな?

スーツスタイルに合う感じのマット系の軸色が増えれば、面白いなと思いました。

新仕様のインナーキャップを採用

パイロットのプレスリリースを読んでいたら、『ネジ式キャップに匹敵する高い気密性を確保』との記載がありました。

確かに、カクノは乾きやすいという人が多かったですからね。
(カクノのレビューはコチラ

これはうれしい改善です。

大容量コンバーター(CON-70)が使える

キャップを閉めるときに、独特の感触があるのは、きっとこのインナーキャップの効果なのかなと思います。

今まで使えなかったCONー70を使えるというので、これは試さなくてはいけません。

CONー70を装着するとこんな感じになりました。

ギリギリ収まる感じですね。

CONー70は、インクの容量が約1ml入ります。

透明軸で、残りの量を確認しながら使えるので、突然のインク切れの心配もないです。

実際の使って感じたこと

ここからは、実際に使ってみた感想はこんな感じというのをご紹介します。

見た目がカスタムヘリテイジ91に似ている

並べて写真を撮ってみたら、こんな感じになりました。

軸の長さと太さがカスタムヘリテイジ91似ています。
(カスタムヘリテイジ91のレビューはコチラ)

ライティブの方が数ミリ長いんですが、持った感じはほぼ同じ。

手が小さい人には、太すぎず長すぎないちょうどよい大きさです。

大きく違うのは、書いたときの書き味です。

書き味がカスタムヘリテイジ91より良い

ライティブとカスタムヘリテイジ91はどちらも、細字を選びました。

書き味は金ペンのカスタムヘリテイジ91と比べても遜色ないほどよかったです。

むしろ、総合的にはライティブの方がいいと思いました。

普通であれば、

『金ペンのカスタムヘリテイジ91の圧勝です』って

なると思うんですが、違いました。

というのも、カスタムヘリテイジ91は、書きやすいと感じるポイントが狭くて、扱いが難しいと感じています。

インクフローも良すぎるくらいで、滲むことが多いので、紙は選ぶ。

しかし、ライティブは色んな角度を試しても普通に書ける。紙も選ばない。

カスタムヘリテイジでは滲みがひどくて使えなかった紙でも、滲むこともなかったです。

ペン先が紙に引っかかることもないので、書いていてストレスを感じません。

書いた字が細い

カスタムヘリテイジ91の細字と比べたら、ライティブの細字の方が書いた字が細いです。

ペンポイントが小さいというよりは、出てくるインクの量が少ない感じ。

入れたインクはサラサラ系で、カクノでは滲みがひどくて使えなかったんですが、ライティブでは滲むことなく使えました。

僕は筆圧が強めなんですが、字幅が太くならずに書けました。

筆圧の変化で、文字に表情が出る感があるので、筆圧が強い人にもオススメです。

キャップを閉めたときに独特の感触がある

キャップを閉めるとき、パチンとはまる前に、モコッとした独特の感触がありました。

何かを圧縮するような感覚。

これが新仕様キャップの効果なのかなという印象です。

ほかの万年筆では感じたことがない不思議な感覚でした。

乾きにくさに関しては、まだ使い始めて日数もたってないし、毎日使っているので実感できてません。

これから、もっとたくさん使ってみて、追記していきたいと思います。

半年間使ってみての感想 2022/7/28追記

使い始めてから半年たったので、次の点について情報を追加します。

  1. キャップの強度
  2. インクの持ち
  3. 書き味の変化

キャップの強度

キャップの強度について、『割れる、ヒビが入りやすい』というレビューが散見されるようになりましたね。

ライティブに限らず嵌合式キャップは、力いっぱい抜き差ししたり、斜めに引っ張ると割れやすいです。

一番の対策はキャップの着脱はゆっくり優しくすること。

特にライティブはキャップが薄いので、他の万年筆よりも優しめに取り扱ってあげる必要がありそうです。

インクの持ち

カクノと比べて、確かにインクの持ちは良くなりました。

変化を見たかったので、ペリカンのブルーブラックを入れて実験してみましたが、色の変化を感じることはできませんでした。

水分が蒸発して粘度が上がり、書き味が変わるなんてこともなく、快適に使えてます。

書き味の変化

ペン先の書き味の変化もまだ感じられません。

毎日のように使っているので、もう少し変化があるかなと思いましたが、育つのには時間がかかりそうです。

おわりに

今回は、パイロットのライティブをご紹介しました。

正直、これで2,000円は安いなと思います。

新たに万年筆沼に落ちる人がいっぱい出そうな感じがします。

個人的には、EFのライティブが出たらうれしいな・・・、と。

出たら、絶対買う!

ありがとうございました。