<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

筆記具 PR

【受験生必見】勉強がつらいときは『青ペン勉強法』が効果的な理由を解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、足軽こあらです。

受験生

今日は、勉強するモチベーション湧かない
でも、勉強しなきゃ…

足軽

そんなときにいい方法があるよ

今回は、モチベーションが迷子になった受験生に最適な『青ペン勉強法』をご紹介します。

僕自身も毎年、資格の試験を受けています。
どうしてもやる気が起きないときや、まとまった時間のないときってありますよね。
そんなときにやるのが青ペン勉強法です。

こんな人に読んでほしい
  • 受験勉強に対するモチベーションが湧かない人
  • 暗記が苦手で悩んでいる人
  • 自分にあう勉強法を探している人

そもそも『青ペン勉強法』とは


早稲田塾の相川秀希氏が提唱した勉強法。

本来は「赤緑青(せきりょくせい)の力」という分類がもとになっており、
弱点の「
気づきの「
記憶の「
色ごとに定義付けしてノート作りをする方法です。

青ペン殴り書き勉強法として紹介されたことで、記憶の「青」の部分の話が有名になり、全国の予備校生を中心に広がったと言われています。

必要なもの

必要なものは、たったの3つ。

  • 水性の青ペン

紙にびっしり、隙間なく、とにかく書きまくるのです。

とってもシンプルですね。

場所を選ばないので、紙と青ペンがあれば、いつでもどこでもできます。

紙はノートの利用が推奨されていますが、裏紙などでもOK。

ここまでの内容で感じた疑問を調べてみた


普段なんとなくやっている勉強なので、記事を書くにあたって、
特に疑問がわいたポイントは5つ。

  1. なぜペンがいいのか?
  2. なぜ水性ペンがいいのか?
  3. なぜ青色がいいのか?
  4. なぜ透明軸ペンがいいのか?
  5. 効率は悪くないのか?

しっかり調べてみました。

Q1.なんでペンがいいの?

A.ペンは間違えても消せない

ペンを使うのがいい一番の理由は、間違えても消せないから。

ノートを見返したときに、自分が間違えたところがわかることがメリットです。

思考のプロセスが可視化されるので、苦手なところがわかりやすくなります。

Q2.なんで水性ペンがいいの?

A.水性ペンはインクの減りが早い

インクが減ったのは自分が頑張った証です。

頑張りが目で見てわかるのでモチベーションUPに効果があります。

Q3.なんで青色がいいの?

A.ネットを常用する現代人にとって、重要な事柄は青色で書いてあるから

青ペン勉強法を紹介しているものを読むと、『青色にはストレスをやわらげて、脳をリラックスさせる効果がある』ことを理由に挙げているものが多いですね。

間違いではないと思うのですが、もっと大きな理由があります。

ネットを常用する現代人にとって、重要な事柄は青色で書いてあるからです。

具体的には、ネットニュースやブログ記事などのリンクは青色表記されています。

リンクは、固有名詞、人物名、商品名などに貼られていて、教科書や参考書でいうと重要語句に相当します。紙の本では赤色表記になっている部分ですね。

現代人は紙の本を読むよりも、ネットを見ている時間の方が長く、目も頭も慣れているので、検索性が高くなります。

普段から見慣れているため、記憶するべき部分は青で書いた方が目と頭が混乱しません。

試しに赤ペンを青ペンに替えて部分的に使い始めるところから、やってみてください。

覚えるべきところが、今までよりも自然に見つかるようになるので、オススメです。

Q4.なんで透明軸のペンがいいの?

A.透明軸のペンはインクの減りがよく見えるから

今までの努力の量がわかるので、

モチベーションを維持することができるのです。

Q5.効率は悪くないの?

A.効率は悪くない

青ペン勉強法は、頭だけでなく、手でも覚えることができる方法です。

繰り返し書くことで、手も次に何を書くのか覚えてくれて、記憶が定着しやすくなります。

インプットしながら、同時にアウトプットもできるので、時間の効率は良なるのです。

まとめ

今回は、青ペン勉強法をご紹介しました。

誰でも簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてください。

実践してみて、手がつらくなったという方は、

こちらが参考になると思います。

【受験生必見!】「青ペン勉強法」は万年筆を使うのがオススメだよ こんにちは、万年筆大好きな週末ブロガーの足軽こあらです。 今回は、青ペン勉強法には万年筆を使うといい、というお話です。 ...

ありがとうございました。